風俗について

風俗店には色々な形態のお店がありますが、その明確な違いを理解しておくと楽しみやすさが断然に増してきます。ココでは基本的な知識である、ホテヘル(受付あり)・デリヘル・箱ヘル(店舗あり)の違いを理解しておきましょう。

ホテヘル

風俗嬢が出張する先がホテルに限定されるタイプの風俗店です。ホテル街の近くに受付所がある場合が多く、まず男性が受付を訪れ、風俗嬢を選んでお金を払って、男性は先にホテルへ移動します。ホテヘルの場合には、基本的に提携しているホテルがあるので指定されたホテルへ案内されることになります。最近では、ラブホテルではなく、レンタルルームということも多くあります。そうすると、部屋に女性が訪れてくれるという流れです。受付はマンションの一室だったり、事務所風の部屋だったりします。料金やプレイ内容に関してはお店次第ですので、事前に案内所やホームページでお店の事を細かく確認しましょう。

デリヘル

風俗・デリヘル

デリバリーヘルスは店舗を持たない派遣型の風俗店の事です。自宅もしくはホテルのどちらか、男性客が希望する場所に女性が出向いてのプレイになります。デリヘルには店舗がありませんので、男性客はネットや案内所などでお店の存在をまず知らなくてはいけません。希望のお店とデリヘル嬢が決まったら、お店に電話して予約をしましょう。

最近では待ち合わせ型と言って、駅前や希望の場所で女性と落ち合って、そのままホテルに移動してサービスを行う形式です。ちょっとしたデート気分を味わう事ができるのが人気の秘密です。デリヘルを呼ぶ場合、多くの人はラブホテルかビジネスホテルになると思いますが、気を付けなければならないのが、ビジネスホテルのシングルルームだとデリヘル嬢が部屋に入れないということがあります。まずは自分が宿泊しているホテルにデリヘルが呼べるのかをチェックしてから、お店に電話するようにしましょう。

箱ヘル

箱ヘルとはいわゆる店舗型のヘルスの事です。ファッションヘルスと呼ばれることが一般的かもしれません。基本的には、店舗がある風俗をまとめて箱ヘルと呼んでいます。お店の中にプレイできる場所が設置されていて、ヘルス嬢が待っていてくれるというスタイルのお店です。受付で女の子を選んでお金を払って、そのままお店でプレイを済ませて終了という流れです。デリヘルもホテヘルも未経験という人は、まずは箱ヘルから経験するのがオススメかもしれませんね。